恋愛心理テクニック5選!女性を虜にする駆け引きをマスター

この記事は4分で読めます

スポンサードリンク

あの子のことが頭から離れない・・・!

 

それくらい気になる女性ができたとしても、どうやったら付き合えるのか分からない!

 

そんなときには恋愛心理テクニックを駆使して、女性の潜在意識に訴えかけていきましょう。

 

嫌われていない限りは、誰にだってチャンスはあります。

(嫌われているなら諦めましょう)

 

今回は「女性に使える5つの恋愛心理テクニック」をお伝えしていきます。

 

女性に使える5つの恋愛心理テクニック

恋愛心理テクその1 ザイオンス効果

人は誰しも、何を話すか、何をするかに関わらず、単純に会った回数が多ければ多いほど好意を抱きます。

これを“ザイオンス効果”といい、別名”単純接触効果”とも呼びます。

 

特に同じ学校や職場に気になる女性がいるのであれば大チャンス。

朝は「おはよう」、帰りは「おつかれ」など挨拶だけでもしてみましょう。

 

気になる女性の登校・出勤時間をチェックしておいて、偶然を装うのもひとつの手です。

 

あまりに不自然だと、ストーカーに思われるかもしれないので要注意。

 

ただし最初の印象がもともと悪く、「どちらかといえば嫌われている」というのであれば、ザイオンス効果は真逆に働きます。

 

また、見ず知らずの人から「おはよう」と挨拶をされても、気味悪がられるのがオチ。

ある程度顔見知りの関係になってから使うようにしていきましょう。

 

恋愛心理テクその2 聞き上手になる

気になる女性と話す機会がやってきました。

「よし、張り切って盛り上げよう!」

気合を入れたくなりますよね。

そしてお得意のトーク術を披露する。

 

これはNGです。

女性を相手に会話をするときは、相手に話させるようにしましょう

人は話したがりな生き物。

特に女性はその性質が極めて大きいです。

話せば話すだけ、「楽しいな」という気持ちが湧き上がってきます。

 

恋愛は”相手を楽しませたもの勝ち”

一方的にあなたが話し続けていては、あなたは楽しくても、相手の女性は楽しくありません。

ですから積極的に、聞き上手になっていきましょう。

 

聞き上手になるための近道は、あいづちをマスターすること。

相手の話をしっかり聞くのは当然として、大事だと思うポイントでうなずき、「うん」「へえ」「そうなんだ」などの返答もところどころ入れます。

 

相手の話している話題について、より深い質問を重ねるのもGOOD。

 

料理の話をしているのであれば「何が一番得意料理?」「どうやって作るの?」など。

 

買い物の話をしているのであれば「どこによく行くの?」「どうやって行くの?バス?電車?」など。

 

洋服の話をしているのであれば「どんな服をよく着るの?」「アクセサリーとかもよく買うの?」など。

 

より深い質問をすることで、「私の話に興味を持ってくれている!」と思ってもらうことができます。

 

ぜひとも、聞き上手マスターになってください。

 

恋愛心理テクその3 失敗談を話す

自分のプライベートな話をすることを”自己開示”といいます。

自己開示をすることで、相手はあなたをよく知っている気持ちになり、それがそのまま好意へと変わっていきます。

 

ただし自己開示する内容には、十分気を付けなければなりません。

「昔部活のキャプテンだった」

「結構仕事のスピードが速い」

「生まれつき天才肌」

など、自慢のような自己開示ばかりであっては、相手も聞くだけでうんざりしてしまいます。

恋愛に完璧人間を求める人はそうそういません。

 

恋愛においてもっとも有効な自己開示は”ちょっぴり恥ずかしい失敗談”を話すこと。

 

人は相手の失敗談を知ることで、「ああ、この人でもドジなところあるんだなあ」という心理が生まれ、その人に対する緊張が解け、親密度が増します。

 

トラウマにならないレベルの失敗であれば、話のネタとして持つことも出来るので、失敗に対する恐怖も軽減されて一石二鳥!

 

ただし、失敗の度合いが大きすぎたり、非常識な内容であれば話すべきではありません

 

「万引きに失敗したことがある」

「会社に大きな損害を与えた」

「交通事故で人にけがをさせてしまった」

 

などの内容は、聞かれるだけでドン引きされてしまいます。

恋愛だけではなく、普通の会話内でも隠し通すのが得策です。

 

スポンサードリンク

恋愛心理テクその4 2人だけの秘密を作る

物事を共有することで、お互いの親密度は急上昇します。

それが2人だけしか知らない内容であればなおさら。

 

「サプライズパーティーの幹事同士がいつの間にか付き合っていた」

という例も多数あるほどで、”2人だけの秘密”というのは、恋愛において強力なパワーを発揮します。

 

あなたに気になる女性がいるのであれば、積極的に秘密を共有していきましょう。

 

どんなに些細なことでも構いません。

「将来は音楽活動をしたいと思って、ギターの練習をしている」という夢でもいいですし、「ピーマンが苦手」という好き嫌いの話でもOK。

 

伝え方としては、「内緒にしておいてほしいんだけど、・・・」といって話し始めるか、「・・・、あ!今の話内緒にしておいてね!」と話し終えた後に付け加えるか、のどちらかを使って”2人だけの秘密”ということを強調しましょう。

 

最高なのは、上記のサプライズパーティーのように、”誰にもばれないように2人だけで何かを企画すること”です。

 

共通の友達の誕生日パーティーなどで実践してみてはいかがでしょうか?

 

恋愛心理テクその5 好意の返報性

人間には、「好意を与え続けると、相手も好意を返してくれるようになる」という心理があります。

これを”好意の返報性”と呼び、恋愛において一番重要な恋愛心理テクニックでもあります。

 

恋愛になると臆病になってしまう人は大勢います。

気になる女性がいたとしても、好意を必死に隠してしまい、いつの間にか知らない男性と付き合っていた・・・という経験あったりしませんか?

 

「好きだ」という気持ちはばれても構いません。

むしろ好意は、引かれない程度に伝えていくべきです。

好意の返報性に従って、与え続けた好意は必ずあなたへと返ってきます

 

それが「好きだ」という気持ちかは定かではありませんが、積み重ねていくうちに恋へと発展していくもの。

 

ひとりだけ特別なおみやげを買う。

デートに誘ってみる。

毎朝欠かさず挨拶する。

 

などなど、「好きだ」と言わなくても好意を伝える手段はたくさんあります。

 

周りに「あの子ってかわいいよね」 などと伝えておくのもいいでしょう。

巡り巡って気になる女性のもとに届くかもしれません。

 

積極的な男性がモテるのは、好意を与え続けているからです。

女性が押しに弱いのは、好意を与えられ続けているからです。

”好意の返報性”は恋愛において最強の法則

ぜひとも使いこなしてみせましょう。

 

管理人の所感

イケメンでないとしても、恋愛心理から攻めていけば気になる女性を落とすことだってできます。

まだ一歩を踏み出していないのであれば、まずは挨拶を交わすところから始めてはどうでしょうか。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. インフルエンザ
  2. スーパーカミオカンデ
  3. 9a7d7fc9cfcd90ff84c30941571d2264_m
  4. 東京五輪
  5. 大村智の高校
  6. iPhone6sは
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【吹いたら負け】塾・家庭教師の笑える面白いCM集めました【動画】 

【吹いたら負け】塾・家庭教師の笑える面白いCM集めました【動画】 

【閲覧注意】夏夜を涼しくする10のホラー恐怖体験と方法【動画あり】

【閲覧注意】夏夜を涼しくする10のホラー恐怖体験と方法【動画あり】

お酒の一気飲みを強要する大学生は罪に問われるのか?

お酒の一気飲みを強要する大学生は罪に問われるのか?

夏休みの暇つぶし10選!大学生におすすめの夏の過ごし方

夏休みの暇つぶし10選!大学生におすすめの夏の過ごし方

カップルで協力プレイできるゲーム9選【3DS・PSvita】

カップルで協力プレイできるゲーム9選【3DS・PSvita】

恋愛心理テクニック5選!女性を虜にする駆け引きをマスター

恋愛心理テクニック5選!女性を虜にする駆け引きをマスター

5つの恋愛心理テクニックを使って意中の男性をモノにしよう!

5つの恋愛心理テクニックを使って意中の男性をモノにしよう!