夏休みの宿題をしない小学生の子どもにさせるには?塾講師おすすめ技7選

この記事は5分で読めます

スポンサードリンク

「子どもが夏休みに入って、毎日遊んでばっかり・・・」

「宿題なんて全然やりたがらないし・・・」

 

小学生の子どもがいるお母さん・お父さんにとって、そんな悩みは毎年の恒例行事かもしれません。

保護者会などで、「家庭の方でも宿題するよう言ってあげてください」と言われたので、試しに叱ってみても逆効果

 

一体どうすればいいのか・・・

 

と、そんな悩みを持っているお母さん・お父さんへ向けて。

今回は実際の塾講師に聞いた「子どもに宿題をさせるための7つの技」を紹介していきます。

 

夏休みの宿題をやらない子ども

なぜやらないのか?

そもそも小学生の子どもは、なぜ宿題をやらないのでしょうか。

 

答えはいたってシンプル。

 

子どもが宿題をやらないのは「子どもにとって、宿題の優先順位が低いから」に他なりません。

 

勉強とまったく同じです。

いくら大人の価値観で「将来に役に立つから~」と言っても、子どもにはそのイメージが湧かず、勉強をする必要性が分からなくなってしまうのです。

結果、すぐに楽しめるゲームやその他の遊びに夢中になってしまう・・・

 

これが宿題をやらない子どもの心理なんです。

 

怒ることは逆効果

「子どもにとっての優先順位なんて関係ない!」と言って、「とにかく宿題をしろ」と怒ってはいませんか?

はっきり言って、無意味どころか丸っきり逆効果です。

 

大人には大人の価値観があるように、子どもには子どもの価値観があります。

 

例えば、あなたが子どもに「勉強なんて必要ないから遊ぶ」と言われると、カッとしてしまいますよね?

それは、あなたの価値観に反することを言われているからなんです。

(実際の勉強の大切さは置いておいて)

 

「遊びなんて必要ないから勉強しなさい」と言われる子どもにも、同じ現象が起こっています。

子どもの価値観には、勉強の必要性がほとんどありません。

代わりに遊びの優先順位の方が高くなります。

 

むやみやたらに「勉強しろ!宿題しろ!」と怒ってばかりいれば、子どもは自分の価値観を否定されて、しかも訳も分からず怒られていることになるので、怒っている相手に対して不信感を抱きます

 

宿題をさせるには?

頭から怒鳴りつけてやれば、無理やり宿題をさせることもできますが、到底おすすめできる方法ではありません。

上述した通り、子どもに強い不信感を覚えさせてしまいます

 

子どもに宿題をさせるには、宿題の優先順位を高くしてあげることが一番の近道です。

 

優先順位が上がれば、子どもは自分から進んで宿題をやるようになります。

親が怒らなくても子どもが勝手にやってくれれば、願った叶ったりですよね?

 

さて、お待たせしました。

 

以下、子どもが自ら進んで宿題をやるようになる、塾講師直伝の必殺技を紹介していきます。

 

夏休みの宿題をやらせる7つの技

スポンサードリンク

1. シール・スタンプを使う

シール・スタンプは、優秀な塾や家庭教師でも頻繁に使われる必殺技です。

大人が思っている以上に、子どもにとってのシールやスタンプの価値は大きいもの。

 

台紙などにスタンプカードのようなものを作って、子どもに渡してみましょう。

簡単な表なものでも十分です。

できれば、夏休みっぽい雰囲気のデザインであれば最高です。

(エクセルなどで簡単に作れます)

 

スタンプカードには、シール・スタンプが貰える条件を事前に書いておきます。

【例】

・宿題2ページやるごとにシール1枚

・ワーク1冊終わればシール10枚

・自由研究が半分終わればスタンプ5個

 

少し頑張ればシール・スタンプが貰えるぐらいの条件にしておいて、たくさんシール・スタンプを貼って(押して)あげましょう!

(スタンプカードには100マス~200マスくらいの枠があればベスト)

 

2. ごほうびを提示する

安直ですが、「ごほうびを提示する」というのも、即効性のある方法です。

「〇〇をやったら××を買ってあげるよ」みたいな感じですね。

 

1.のシール・スタンプと兼ね合わせることもできます。

スタンプカードに「シール・スタンプが100個たまれば、好きなゲーム1本買ってあげる」という感じ。

 

例には「〇〇を買ってあげる」を上げましたが、ごほうびとして与えるのはできるだけ「すぐに消費できるもの」「思い出になるもの」にしておきましょう。

【例】

・海へ連れて行ってあげる

・ステーキ屋さんへ連れて行ってあげる

 

子どもがうっかりゲームにはまってしまえば、そこから抜け出せなくなるのが難しいことは、すでにご存じだと思います・・・(-_-;)

 

3. Iメッセージを使う

Iメッセージとは、「相手に伝えたいことを”感情”にして”言葉”で伝える」という、教育界では頻繁に使用されるテクニック

子どもの心理を上手に利用する技です。

 

どんな状況にも応用できますが、特に褒めたいときに使用すると効果抜群。

【例1】

「宿題よく頑張ったね!えらいぞー!」

ではなく、

「宿題やってくれて、お母さん嬉しいよ!」

 

怒りたいときにも使用できます。

【例2】

「なんで宿題やらないの!だめじゃない!」

ではなく、

「宿題やってくれなくて、残念だなあ・・」

 

子どもは潜在的に、人を喜ばせることに満足を覚え、人を悲しませることに不満を覚えます。

あなたが子どもに対して、ダイレクトに感情を伝えてあげることで、「親が喜ぶこと(宿題など)」を進んで行うようになり、「親が悲しむこと(宿題をしないなど)」をできるだけしないようになります。

 

Iメッセージは勉強以外の日常生活でも応用が効きますので、テクニックとして 覚えておくといいですよ!^^

 

4. 期間限定で塾に通わせる

「夏休みの期間限定で塾に通わせる」という荒療治もあります。

 

個別指導塾であれば、「週に1回の通塾で自習し放題」という場合がほとんど。

週に1回の通塾であれば、一月の料金も10,000円前後で収まります。

 

入塾面談のときに、「毎週〇曜日と〇曜日は、夏休みの宿題のための自習をさせたいんですけど・・・」と伝えれば、快くOKが貰えるはずです。

あとは決められた曜日に、子どもを塾に連れていくだけ

 

塾では他の人たちも勉強しており、基本的に勉強以外することがない空間ですので、子どもは自然と宿題に集中してくれます

運が良ければそのまま塾が好きになって、子ども自ら「塾に通いたい!」と言い出すかもしれません。

 

5. 誘惑となるものを没収する

ゲームや漫画など、子どもの勉強の邪魔になるものを没収するのも手。

 

ただし、有無を言わさず没収してはいけません。

捨てるなんてもってのほかです。

 

誘惑となるものを没収する際には、優しく次のような声をかけましょう。

「宿題をここまでやれば、ゲーム(漫画など)は返してあげます。約束ね?」

 

一方的な没収でおびえさせてはいけません

「約束」という言葉を交わすことで、子どもはちょっとした安心感が得られると同時に、「宿題をやれば返してくれるんだ」という宿題への動機づけにもなります。

 

もちろんあなたは、子どもが条件をクリアすれば、没収したものを絶対に返さなくてはなりません。

「子どもの約束を破る親は最低」ということを意識しておきましょう。

 

6. 親も一緒になって勉強する

子どもは親の言うことは聞かず、親のやるようにやります

「親の背中を見て育つ」、というやつです。

 

昼間っから居間に寝そべってテレビを見てばかりいる親に、「遊んでばかりいないで勉強しなさい」と言われてやる気の出る子どもはいるでしょうか?

もちろん答えはNOです。

行動が伴わない指導者には、説得力の欠片も生まれません。

 

子どもが宿題するときには、あなたも一緒に勉強してみましょう。

子どもの宿題を教えるのではなく、あなた自身のための勉強を一緒にするのです。

 

基本的に宿題・勉強は子どもにとって嫌なもの。

嫌なものを押し付けるだけなら誰にだってできます。

それを、親であるあなたが一緒にやる(苦しむ)ことによって、子どもはあなたを尊敬しつつ、「本当にやらなきゃいけないものなんだな」という気持ちで宿題・勉強に取り組むようになります。

 

勉強すべきものがないのなら、何かめぼしい資格の勉強をすればOK!

子どもの助力にもなって、あなたも資格が取れて、まさに一石二鳥ですね!

 

7. 環境を整える

「宿題ができる環境じゃない」というのも大きな原因のひとつ。

 

勉強机の上は散らかっていませんか?

勉強部屋とゲーム部屋が一緒になっていませんか?

騒音などで集中できない場所ではありませんか?

 

宿題ができるような環境でないのなら、まずは環境を整えることから始めましょう。

机周りの掃除、勉強部屋とゲーム部屋を分ける、集中できる環境を作るなど、やるべきことは結構あると思います。

子どもと一緒になってやるとさらに良し!

自分で”宿題をするために”きれいにした環境では、自分から進んで宿題をしたくなるものです。

 

さらに、お気に入りの文房具を買ってあげるのも良い方法ですね。

夏休みには、宿題くらいしか文房具を使う場面はありませんから、お気に入りの文房具があれば、意欲的に宿題に取り組むようになります。

 

楽しい夏休みを!

今年の夏は、ストレスをかけずに子どもの宿題を終わらせて、子どもと一緒に楽しい夏休みを謳歌しましょう!

 

まとめ

夏休みの宿題をやらない子ども

・宿題をやらないのは「優先順位が低いから」

・怒っても逆効果

・子どもの中の「宿題の優先順位」を上げる

 

夏休みの宿題をやらせる7つの技

・シール・スタンプを使う

・ごほうびを提示する

・Iメッセージを使う

・期間限定で塾に通わせる

・誘惑となるものを没収する

・親も一緒になって勉強する

・環境を整える

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 元少年A
  2. ファッションホモ
  3. デスモイド腫瘍
  4. 辺見マリ
  5. 恋愛心理テクニック
  6. 日本女子大学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【吹いたら負け】塾・家庭教師の笑える面白いCM集めました【動画】 

【吹いたら負け】塾・家庭教師の笑える面白いCM集めました【動画】 

【閲覧注意】夏夜を涼しくする10のホラー恐怖体験と方法【動画あり】

【閲覧注意】夏夜を涼しくする10のホラー恐怖体験と方法【動画あり】

お酒の一気飲みを強要する大学生は罪に問われるのか?

お酒の一気飲みを強要する大学生は罪に問われるのか?

夏休みの暇つぶし10選!大学生におすすめの夏の過ごし方

夏休みの暇つぶし10選!大学生におすすめの夏の過ごし方

カップルで協力プレイできるゲーム9選【3DS・PSvita】

カップルで協力プレイできるゲーム9選【3DS・PSvita】

恋愛心理テクニック5選!女性を虜にする駆け引きをマスター

恋愛心理テクニック5選!女性を虜にする駆け引きをマスター

5つの恋愛心理テクニックを使って意中の男性をモノにしよう!

5つの恋愛心理テクニックを使って意中の男性をモノにしよう!