iPhone6sの大きさサイズと価格を比較!実質0円無料でお得に購入する方法は?

この記事は4分で読めます

スポンサードリンク

2015年9月25日に販売が開始されるiPhone 6siPhone 6s Plus

9月12日の午後4時1分(微妙な時間…)から予約受付が開始され、いち早くiphone 6sを入手しようとする人が一気に予約するのが予想されています。

 

そんなiphone 6s/iphone 6s Plusですが、大きさ価格を気にしているユーザーが結構多いんだとか。

やっぱりiphone 6/iphone 6 Plusでの大きさがあまりにも不評でしたからね。

その辺りは要チェックポイントなんでしょう。

 

iPhone6sとは?

 iPhone6s

出典 http://www.4gamer.net/games/990/G999013/20150910002/

iphone 6s/iphone 6s Plusとは、Appleが提供するiphoneシリーズの9代目となるスマートフォン。

2015年9月9日にiphone 6s/iphone 6s Plusに関する情報が正式に発表されました。

予約は本日2015年9月12日から開始され、9月25日に販売が開始される予定となっています。

 

iPhone6sの気になる所をチェック!

iphone 6s/iphone 6s Plusでユーザーが最も気にしている部分は、どうやら本体の”大きさ””価格”のようです。

特に大きさに関しては、前世代iphone 6/iphone 6 Plusユーザーにとっては、一番敏感にならざるを得ない部分でしょう。

日本人の手に収まりきらないくらいの大きさで作られたiphone 6/iphone 6 Plusに対し、「使いずらい!」、「不便すぎる!」と非難の声が相次ぎました。

iphone 6s/iphone 6s Plusでは、本体の大きさは改善されているのでしょうか?

 

iPhone6sの大きさは?

iphone 6s/iphone 6s Plusの大きさは、前世代に非難が相次いだものの、ほとんど変わった様子はありません

むしろサイズはiphone 6s/iphone 6s Plusの方が大きく、そして重くなってしまいました

 

iphone 6シリーズ本体比較

名称 iphone 6 iphone 6s iphone 6 Plus iphone 6s Plus
138.1mm 138.3mm 158.1mm 158.2mm
67.0mm 67.1mm 77.8mm 77.9mm
厚さ 6.9mm 7.1mm 7.1mm 7.3mm
重さ 129g 143g 172g 192g
画面サイズ 4.7インチ 4.7インチ 5.5インチ 5.5インチ

 

よくよく見ると画面サイズは変更なしのようですね。

画面サイズはそのまま、iphone 6s/iphone 6s Plusでは全体の大きさと重さが増加しました。

特に重さはiphone 6s/iphone 6s Plusそれぞれプラス14g、20となっています。

うーん、これは嬉しくない変更点。

 

「iphone 6s/iphone 6s Plusはiphone 5s並の大きさになるのでは?」と噂されていたこともあって、この変更点にはショックを受けている人も多いようです。

 

iPhone6sの価格は?

スポンサードリンク

iphone 6s/iphone 6s Plusの価格はどんなものなんでしょうか?

こちらも、iphone 6/iphone 6 Plusと比較してみましょう!

 

iphone 6シリーズ価格比較

名称 iphone 6 iphone 6s iphone 6 Plus iphone 6s Plus
16GB 6万7800円 8万6800円 7万9800円 9万8800円
64GB 7万9800円 9万8800円 8万9800円 11万800円 
128GB 8万9800円 11万800円 9万9800円 12万2800円

 

うーん、高スペックになるということで、iphone 6/iphone 6 Plusよりも高価になることは分かり切っていましたが、随分と思い切った値段設定となりましたね。

全体的に2万円~3万円ほどの値上げとなっています。

消費税込みで10万円以内で手に入れることができるのは、iphone 6s 16GB(93,744円)のみ…。

これもなかなか嬉しくない変更点ですね(;´Д`)

 

iPhone6sを実質0円で購入するには?

サイズ・重量アップに加えて価格も値上げされた形で発表されたiphone 6s/iphone 6s Plus。

気軽に手を出せるような代物ではなくなってしまいました。

 

そんな中、ソフトバンクはiphone 6s/iphone 6s Plus購入価格を「実質0円無料」にするサービスを提供することを9月11日に発表。

発売に合わせて「機種変更下取りプログラム」および「のりかえ下取りプログラム」の対象機種および下取り金額を変更します。これにより、iPhone 4s以降のiPhoneからiPhone 6sに機種変更するお客さまの場合、機種代金の実質負担額が0円からとなります。

引用元 http://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2015/20150911_02/

iphone 6s/iphone 6s Plusを実質0円で手に入れるためには、持っているiPhone(しかもiPhone4s以降)を手放す必要があるんですね。

ということは、iphone新参者は実質0円で手に入れることが事実上不可能ということになります。

そして下取りに出す端末によっては、「実質負担額が0円から」とあるように、ほぼ定価で購入しなければいけないパターンも。

 

ちなみに、下取りを含めた最大割引価格は次のようになります。

 

iphone 6s Plus 128GBを下取りに出す場合

35640円(下取り価格)+35640円(Tポイント)+27000(通信料サービス)=98280円(最大割引価格)

 

iphone 6s 128GBを下取りに出す場合

32400円(下取り価格)+32400円(Tポイント)+24840(通信料サービス)=89640円

 

うーん、これはなかなか…。

これが最大割引価格ですから、上述したiphone 6s/iphone 6s Plusの価格表路見比べてみても、実質0円で入手するのはなかなか難しそうです(-_-;)

【関連記事】iPad Proの使い道を歴代と比較!違いは?発売日と値段もチェック!

 

管理人の所感

待ち望まれたiphone 6s/iphone 6s Plusの発表でしたが、心から喜んでいる人はどうやら少ないですね。

高性能になったのは良しとして、小型化されなかったところが一番の痛手というか、裏切られた部分。

加えて価格の上昇で、手に入れることすら困難になってしまいました。

 

iphone 6s/iphone 6s Plusの日本での普及率は、ガクッと下がってしまいそうな感じがしますね。

Apple信者と呼ばれる人たちは今回の発表をどう受け止めたんでしょう。

機会があればそれについてもまとめてみますね(´_ゝ`)

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ぱいぱいでか美とは
  2. 水着が似合う体へダイエット!短期集中で痩せる方法!【前編】
  3. 待ち時間
  4. 三田麻央
  5. ラグビー世界ランキング
  6. ドラクエ11
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【吹いたら負け】塾・家庭教師の笑える面白いCM集めました【動画】 

【吹いたら負け】塾・家庭教師の笑える面白いCM集めました【動画】 

【閲覧注意】夏夜を涼しくする10のホラー恐怖体験と方法【動画あり】

【閲覧注意】夏夜を涼しくする10のホラー恐怖体験と方法【動画あり】

お酒の一気飲みを強要する大学生は罪に問われるのか?

お酒の一気飲みを強要する大学生は罪に問われるのか?

夏休みの暇つぶし10選!大学生におすすめの夏の過ごし方

夏休みの暇つぶし10選!大学生におすすめの夏の過ごし方

カップルで協力プレイできるゲーム9選【3DS・PSvita】

カップルで協力プレイできるゲーム9選【3DS・PSvita】

恋愛心理テクニック5選!女性を虜にする駆け引きをマスター

恋愛心理テクニック5選!女性を虜にする駆け引きをマスター

5つの恋愛心理テクニックを使って意中の男性をモノにしよう!

5つの恋愛心理テクニックを使って意中の男性をモノにしよう!